www.stogiesoflodi.com

自動車を売るときや、買取の際も印鑑証明が必要です。この印鑑証明という書類について解説していきます。印鑑証明というのは、その印鑑が実印で間違いないという事実を裏付ける目的の正式な書類です。印鑑証明がないのであればその印鑑に関して実印で間違いないことが実証できません。大きなお金が動く売買になる中古車の買い取りですから、実印が必要になることになりますがそれとセットでこの印鑑証明も出てきます。この印鑑証明を実際に発行するにはまずは印鑑証明をしなければなりません。印鑑証明書に登録する印は正式には実印といい、同じものが二つとない印であることが必須です。実印を手配して、役場の案内係に行くことで印鑑登録できます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて、登録が完了した判子は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには役所の案内係で専用の用紙に必要事項を書いて、印鑑登録カードを持参する必要があります。そして、自動交付機を使って印鑑証明を発行することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。なのでどれだけ前の印鑑証明であろうが証明書としての効力は続くことになります。ただ、クルマ売却の際には必須条件として3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。ほとんどのケースで有効期限の定めはないですが、中古車買取の時は買い取り先の業者が必須となる有効期限を決めているので、仮に自動車買取を考えているのであれば、用意しておくとよいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.stogiesoflodi.com All Rights Reserved.